リノベーションをする

中古物件の需要傾向について

Modern Condo

これまで中古物件は新築物件よりも需要が低い傾向にありました。古いものより新しいものを好むのは当然だと思いますが、最近では中古物件も新築に劣らず人気が高くなっています。中古物件を購入してリノベーションを行ってから住む方が増えています。土地を購入して新築で家を建てると価格が高くなる場合でも、中古物件を購入すると基礎がすでにあるためリノベーション費用のみで安く済むことが多いからです。水道工事やガス工事などの初期費用もかかった場合でも安く抑えられます。リノベーションの技術は年々高くなっており、最近では新築と見た目が変わらないほどになっています。お気に入りの地域に安く新しい家に住めるということはとても魅力的です。

今後の需要予測について

今後も中古物件の需要は高くなっていくと考えられます。景気回復が見込めない中で消費税の増税など家計に大きく響く政策があります。住宅にかける費用というのはより少なくなっていくと考えられます。一方で住宅メーカーの設備機能は年々高くなっており今後は住宅をつくる資材の高騰なども考えられます。新築物件の価格がさらに高くなることが予想されるため、反対に中古物件は需要が高まるといえると思います。住宅設備の機能や技術が高まると顧客の満足度も高まるので中古物件でもリノベーションを行えば、十分な満足度を得ることが期待できます。また、中古物件の中でも近隣に都市開発の計画がある場所は、価値が大きく上昇する可能性があります。