中古物件の人気

今後の中古マーケットの動向の予測

Building

新築と比べて割安なだけではなくて、物件の質が高まっているので、今後は現在よりも中古物件の人気が高まるであろう。特に大都市中心部の物件は、中古物件であっても値下がりリスクが小さいために、更に価格が上昇することも想定可能である。また居住用として物件を購入する以外にも、投資用として中古のマンションや一戸建てを買う人も増えるであろう。特に個人投資家でも購入しやすいために、中古物件は初心者向けの投資物件として、積極的に取引されるであろう。また今後は物件の流動性がさらに高まるので、未来を先取りして今のうちに中古物件を購入するのがトレンドである。特に情報公開が徹底して行われている物件は、不動産投資に最適である。

中古物件を選ぶときの基本的な注意点

中古限定でマンションや一戸建てを買う場合には、土地の評価と同時に建物の評価も正確に行うべきである。そして地域の相場と照らし合わせながら、適切な値段で購入するのが理想的である。また築年数が古い物件を購入する場合には、土地の評価額で買うのが鉄則であり、そのためには周辺の地価についてもリサーチするべきである。また重厚な構造のマンションであれば、築30年以上でも十分に住むことが可能である。そこで物件を賢く購入するためには、修繕工事などのメンテナンスがしっかりと行われていることをチェックするべきである。そのためには現地を訪問して、建物の外壁や内部の様子をチェックしたうえで、確かな物件をしっかりと選ぶべきであろう。